05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ビデオ判定

2010.06.29 (Tue)



イングランドも日本も敗退してしまいました。
今回の日本代表、W杯前と打って変ってすごく前向きな戦い方で見ていて気持ち
よかったです。胸張って日本に帰ってくだせぇ~~


それに引き換えイングランドはサッパリわけのわからないチームだったと思います。
てか、あれ「チーム」だったの?試合後の我が家の会議では「ドイツとか
アルゼンチンはいつも一丸になって上手くチームがまとまっているのに
イングランドはなぜかちゃんとしたチームに見えない。ナショナルチームは他人事って
感じだよね~」という結論に至りました。 だから何だ?
イングランドは監督を変えずに選手を全員取り替えたほうがいいんじゃないかと。
U21の選手とかと。


アヤシイ判定が多い今大会、ビデオ判定があってもいいんじゃないでしょうかね?
ラグビーのW杯で使用されているけど全然試合の流れの邪魔になっていないし、
導入されれば“判定が覆らないから「やったもん勝ち」”の不公平な現状も通ら
なくなるし。審判も試合についていくのが大変だというのならビデオ判定があった
ほうが負担も軽くなるしいいんじゃないんですかねぇ。

再び我が家の会議でダーは「それもいいけど試合の後の人々の議論のネタがなくなる」
と言っていました。議論のネタか、公平さか、それがフットボールというものなのか。
ウーン。


さてさて、あとはスペインを応援しようっと!



スポンサーサイト
21:13  |  フットボールマニア  |  Comment(2)

二週間

2010.06.25 (Fri)

仕事に復帰してから2週間経ちました。

姫君はナーサリーでの生活に慣れ、朝保母さんに手渡しても泣かなくなりました。
更には私にバイバイと手を振るようになりました。
夕方迎えに来たときは笑ったりするようにもなりました。
ゴハンもしっかり食べ(毎回「よく食べましたよ!」と言われる 汗)、昼寝も
よくしているそうです。

そして卒乳もしました!以前からおっぱいを一回ぐらい飲まなくても別に~という
感じで執着心がなかったのでここ一ヶ月で昼・夜の授乳を夜だけにしていました。
そして仕事に復帰した翌日から止めてみました。いつもの授乳の時間になっても
おもちゃで遊んでいておっぱいコールなし!


私の仕事の進み具合はそれほど悪くなく少し忘れていることもあるけど大抵のことは
覚えていて1年も離れていた感じがしませんでした。ただ新しい同僚がたくさんいて
ちょっと新鮮です。初日はボロボロに疲れたり、今週頭には熱を出して早々休んで
しまったりしましたがもう大丈夫。


しかし・・・夕方家事がしづらくなりました。
姫君が「抱っこしてぇ~」と攻撃を仕掛けまくるのです。ホラ、お父さんのところに
行きなさい!と行ってもお母さんが良いと泣きまくり。ダーはがっくり肩を落とし
姫君は泣き叫び。 うおー

ダーが帰ってくる前に姫君のゴハンを作らないといけない時など大変。抱っこ紐で
背中に乗せると寝てしまうことも多しでどうしたものやら。

ゴハンの後もどうにもダーになつかない姫君。つい先週まではニコニコ一緒に遊んで
いたのに、なぜ??わ、わたし何にもできないよー! 汗


ダーと話して原因を追究。
原因ではないかと思われるのが・・・

1.ナーサリーへの送り迎えをしないから(特に迎え・・・姫君にとっては
  「やっと来てくれた!」とありがたく思う瞬間だと思うから)
2.ナーサリーにいる保育士さんは99%女性だから男性(ダー)がイヤ
3.ダーが家にいてもあまりかかわる時間を作らないから
4.ダーがクサイから (チャリンコ通勤で帰ってくると汗クサイ)
5.ダーの殆どボーズに近い新しい髪型がコワイ、まるっきり別人に見える 
  (先週土曜日に切った)
6.お母さんと飽きるほど遊んでないからダーと遊びたくない



このままではダーはますます意気消沈、姫君は泣くばかりで私は困るばかり。
家族にとって良くない!ということで今日は二人揃ってナーサリーに出向き、
ダーだけナーサリーに入って姫君を引き取ってくるようにしました。

ダーが保育士さんから引き取った時特に泣きも笑いもせず無表情だったらしい。
その後私と合流したらやっぱり「おかあさ~んダッコ~」ときました。

それでも家に帰ったら月曜日以来のダーへの態度が少し軟化しました。
恐らく上記の全原因がかかわっているんだろうと思いますがナーサリーへ
迎えに行ったのは結構大きかったようです。

私が迎えに行ったほうが早く家に帰ってこれるのですが「お迎え」が効果
てきめんならちょっと遅くなってもダーに迎えに行ってもらおうかと思います。
その間に私は夕飯を作れるし。


フルタイムで働きながら子育てはやっぱりキツイ・・・
姫君がこうして抱っこをたくさん求めてくるのも昼間小さいなりに一生懸命
我慢している証拠だろうし 涙

宝くじに当たらないかな~






22:47  |  スプーン家  |  Comment(8)

通ったー!

2010.06.23 (Wed)



イングランド、あんなだったけどグループステージ通過・・・ プフッ

会社ではテレビが設置されて一応一人10分ぐらいは見に行ってもいいことになりました。
試合が始まって30分ぐらいで私は姫君を迎えに行く為に帰りましたが、その前に
ちょっとテレビの所に寄って行きました。でも見ていたの数人だけ・・・みんな
辟易していたんでしょうなぁ。
会社を出る間際に同僚達に「イングランド、グッドラック♪ プフッ」と言って
帰りました。ククク。


姫君と家に帰ってきて最後のほうだけちょろっと見たのですが、カペッロ(監督)の
姿に驚きました。がぁーがぁー叫びまくるカペッロ、怒りまくるカペッロ!

カペッロはいつも落ち着いた口調でインタビューに答えているのですが(英語だから
ちょっと考えながら話しているってこともあるけど)今日の試合直後のインタビューは
よっしゃー!という感じで「さんきゅーべりーまっち!」と力強く言ってインタビューを
締めくくっていました。


こんなにアツいカペッロ、すごいわ~!
ハッ、でも一番ヤル気があるのは監督かい・・・


次の試合、ラウンド16はドイツが相手なのでイングランドのピンチはまだまだ
続く~  そして私は同僚達をからかう~ ククク



22:10  |  フットボールマニア  |  Comment(2)

フランク

2010.06.21 (Mon)

最近は見ていなかったけど、よく笑わせてくれたフランク・サイドボトムが今朝方
この世界から旅立ってしまいました。


Frank
                                ↑リトル・フランクも寂しいね


いつかは行こうと思っていたフランク主催のティンパリー・ツアー(フランクは
マンチェスター郊外のティンパリーという町の出身で、まぁ、フツウの小さい町。
その町を2階建てバス(しかも2階はオープンデッキのやつね)で回るという
ツアー)にもう行けないんだ・・・くすん。
いつでも行けると思っていたのに、行けなくなってしまった。やっぱりこうして
「いつでもいける」と先延ばしにしてはいけませんな・・・


フランク、笑いをありがとう。ゆっくり休んでね。



22:38  |  United Kingdom  |  Comment(0)

もう帰って来い

2010.06.20 (Sun)


ワールドカップ、始まりましたね。
でもこのワールドカップ、なんだかイマイチ感が漂っているような気がして
ならないよね?とスプーン家はあまり興奮していません。


日本代表はとても素晴らしい!とは言えないけど前回よりはいいですね。


そして



イングランドより断然マシ!!!



イングランド第一戦の日は姫君を義両親に預けてダーの友達と見に行きました。
一応その友達の40歳の誕生日も兼ねての食事会+飲みだったのですが試合が
進むにつれてそこにいた全員「ひどい、ひどい試合・・・つまらない・・・」と
呆れモードに突入。


第二戦の日はもっと酷い。翌日の新聞に「No spark, no spirit, no hope」と
書かれていました。本当、やる気あるのかね?
ウェイン・ルーニーはブチ切れてテレビカメラに向かってファンに向かって「ピー」が
入る言葉を言っちゃったし、何なんだかなぁ。


Alice band
セント・ジョージ・クロス(イングランドの国旗)のリボンがついたカチューシャ
ASDA(スーパー)にて2ポンド也



2ポンド返してー!



もうイングランド代表には一文たりとも投資しないことにしました。

このままの戦いっぷりなら決勝トーナメントはとっとと諦めてイングランドに帰ったほうが
いいんじゃないんですかね、彼ら。



18:23  |  フットボールマニア  |  Comment(4)

慣らし保育

2010.06.11 (Fri)


姫君の慣らし保育期間が今日で終わりました。

途中国民の祝日があったりホリデーに行ったり予防接種に行ったりで時間が十分
取れず、丸一日ナーサリーにいる日を作れませんでしたが、それでもだいぶ
慣れたようです。


基本的にナーサリーについて保母さんに渡すとぎゃあーーー!と泣き、私が
いなくなった後ちょっとしてから普通に戻っているようです。ただドアが開くと
「お母さんが迎えに来てくれた!」と期待するらしく、入ってきた人が私じゃない
ことがわかると泣いていたようです。うう~~~

出されたご飯はしっかり食べていたようです。さ、さすが・・・ 汗
一度午後2時から4時までの間に預けたのですが迎えに行ったら「お母さん、
お昼ご飯食べさせましたか?」と言われてしまいました。相当ガツガツ行った
そうです。


ナーサリー通いが始まってから行動がちょっと変わってきています。いきなり
成長した!って感じです。今までしなかったつかまり立ちを始めたり、人によりかかる
ようになったり(同じ部屋にいる赤ちゃんがこれをしている)びっくりしました。
誰かが「ハロー」「バイバイ」って言っていると手を振るようにもなりました。
ちょっと前から手を振ってはいたのですが、誰かが言っている言葉と行動をつなぐことが
できていることに感動しました。
ナーサリーで刺激をいっぱい受けているんだなぁ。


来週から離れ離れになる時間が多くなってしまうけどお友達と楽しく過ごして
くれたらいいなと思います。



21:54  |   |  Comment(6)

アングルシーで誕生日祝い-トレイシーと過ごす週末

2010.06.09 (Wed)



週末、北ウェールズにあるアングルシー島に行ってきました。

今はプラハに住んでいる友達の40歳の誕生日祝いで総勢16名が終結。
うち子供が4名。ホリデーコテージを借りて3泊、飲んで食べました。

Brittania bridge
グレート・ブリテン島とアングルシー島間をつなぐ橋の一つ、ブリタニアブリッジ。


Himegimi in the car
もちろんこの人も参加です。


ものすごい週末となりました。今までに体験したことがないモノでした。

皆6月4日(金)の夜に集結、その日から全員飲み開始です オイ
借りたホリデーコテージは3つの家がコの字になって集結していて大人数で行くには
もってこいの所でした。バースデー・ボーイのベンがいるコテージが皆が集まるところと
なりどんちゃん騒ぎは夜中3時ごろまで続いたそうです。(私は12時に寝た)


この飲み軍団の中に初めて見た人が。ベンの女友達ジェーンのアフロヘアの彼氏、トレイシー。
挨拶しないしあまり人と目をあわさず喋らないしちょっとヘンな感じ。
どうもトランスジェンダー(性を変えた人。トレイシーの場合は女→男らしい)らしい 汗
その日はマジックマッシュルームを食べていたそうでお酒もガンガン飲んでいました。

翌日早朝、姫君の朝ごはんを用意中キッチンの窓からうろうろするジェーンを発見。
何かを探しているのかなーと思っていたらダーが「ジェーンがトレイシーを探している」と。
コテージのどこを見回してもトレイシーの姿はなし。暫くたっても現れない。

ジェーンはトレイシーを探しに行きたかったのですが車・家の鍵は全てトレイシーが持って
いて動けず。ダーが車を出動させて探しに行ったのですが見つからずじまいでした。

マジックマッシュルームなんか食べていたんだからきっとどこかへフラフラ~って出て
行っちゃったんだな。多分どこかでぱったり寝てるんだろう、そう思っていました。



ここから話が急展開・・・


ダーによると探しに行った際にチッピー(フライドポテト屋)にも立ち寄りそこの
おばちゃんに見つけたら連絡してほしいとジェーンは話したらしい。そしたらおばちゃん、



「わかった!もしきたらココに引き止めておくからね!


 (名前は)トレイシー!  


  マーン!(男子!)」




と内容を確認してくれたそうです。ダーはこれでもう爆笑だったらしく、私に笑いながら
教えてくれました。それ以降私は思い出し笑をしては涙を流しています(現在進行形)。


この日はみんなでビーチに行くことになっていたので出てこない人を待っていても
仕方ないと出発。ビーチについてゴロゴロしたり海に入ったりしました。姫君もこの日
海デビュー!水着はなかったのでバース・スーツ(まっぱ)で行かせてしまいました、ウフ。
最初は「ほうほう、なんじゃコリャ」という感じで波を体験していたのですが強い波が
来た時には泣いていました。

海から上がってゴロゴロしていたらコテージに残っていた友達からジェーンに
「トレイシーが見つかった」と連絡が入りました。


Friends
待ってられないんだよネー



見つかったとの一方から皆「おお、よかったね~」と安堵の息をついたのですが
何をしていたかというと・・・



全裸で村を突っ走っていた為警察に捕まっていた



コテージからフラフラと出て行って途中で服を脱ぎ捨てたらしい。

途中通行人に「変態!」と叫ばれた時には


「変態だと?俺を見ているオマエが変態だ!」


と反論したらしい!



ジェーンは安心したものの「全くなんて酷い事にー!」と呆れ悲しんでいたものの「あの子、
パンツなんて前面にイチゴが二つついてるTバックを履いていたのにー!ハッハッハー!」



全裸で脱走、イチゴの絵柄のTバックが判明しそこにいた全員笑いが止まらず 爆

さらにチッピーのおばちゃんの「トレイシー!マーン!」復唱にも笑いが止まらず 爆




その後はトレイシーの話題で持ちきりで「ベンの「あの誕生日」って言っただけでどの
年の誕生日だったか思い出せる!」「あの週末って言っただけで思い出せる!」と皆
笑い転げまくり。



しかしトレイシーは服を脱ぎ捨てていく過程で鍵をなくしてしまったらしい・・・
これはちょっと深刻でした。家の鍵もなくて車の鍵もなくてどうすんのよ、と。


トレイシーは毎日何度も鍵を探していました。その間、私たちは水族館へ行きました。


Aquarium
赤ちゃんエイがかわいかったわ


すごく小さい水族館でしたが姫君はすごく楽しかったようです。魚を指差して何か言ったり
体を揺らして興奮していまいた。



私たちがそんなことをしている間に友達の一人に


「黒毛でもじゃもじゃのヘアスタイルの男が
                 鍵を探しに来たわよ!」



とチッピーのおばちゃんから連絡が入ったそうです 笑



結局鍵は見つからずじまい、ジェーンは大変な被害をこうむったもののトレイシーを
許したそうな。チャンチャン。


しかしながらもう二度とジェーンと一緒にいるトレイシーを見ることはないと思う。
皆も「アレはダメだ・・・」と三行半。


私は数日経った今でも思い出しては激しい笑いの発作に襲われ涙を流しています。
それを見てダーは「君がそこまで笑うの見たことない」と驚いていました。
うん、私もそうそうこんな機会はないと思いマスよ。「あくちん の さしん」以来かも。


Caenerfon castle
カナーヴォン城


皆解散した後私たちはカナーヴォン城をちょっと見てマンチェスターまで帰りました。
ああ~、濃い~週末でした。



22:00  |  旅行  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。