05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ヨルダン・アブダビ旅行記 覚書

2013.01.19 (Sat)



ヨルダンに行ってからもう一か月以上経ちました。
もう一年前に行ったような気分です。


それでは、ヨルダンに関して集めた情報の覚書を。興味のある方はどうぞ。
ちなみにアブダビは2日しかいなかった+1日は人任せでの行動だったので
特に情報ナシです。


覚書


こんなにスコーンと晴れた空を次に見れるのはいつなんだろうか・・・



More・・・

交通手段  

*空港-ぺトラ

空港からダイレクトで行けるバスはないです。
市内まででないとありません。しかも出発は早朝6時半。
時間が合う人、アンマン市内で泊まってからぺトラまで行く人は
バスで行くと断然安いです。今の時点でバス代はJD9.50(約1200円)。

JETT bus ウェブサイト


空港からはエアポートタクシーと言って料金一律のタクシーがあります。
私たちはバスと時間が合わなかったのでタクシーを利用しました。
料金はJD78(約9700円)にチップを10%ぐらい。1万円ちょっと
ぐらいですかね。200kmとか走ってもらって3人でこの値段は安いです。

エアポートタクシーを利用する際に、その辺にいるオジサンが荷物を持ってくれて
数メートル先にあるタクシーまで持っていくと主張するんですが、数メートルだけの
仕事なのに車に荷物を詰め終えると「バクシーシ(チップ)」とお金をくれと
言ってきます。注意です。


*ぺトラ-アカバ

ミニバスがあります。満員もしくはほぼ満員にならないと出発しません。
中東のバスはこういう風に運行されることが多いようです。
ミニバスは8時半出発の予定でしたが、9時ごろまで待ちました。

ミニバス乗り場はぺトラ遺跡の入口側ではなくワディ・ムーサです。遺跡の入口
近くに泊っていたら、タクシーでワディ・ムーサまで移動要です。たったの
5分弱の移動ですが、荷物を持っていたらタクシーを使った方がいいと思います。

ロンリープラネットの情報では1日4便、午前中の6:30~8:30の間に
3便と午後に1便。バス代は一人JD5でした。スーツケースで一席取るからと、
4人分取られました。バス内にはアラビックミュージックが大音量でかかって
います。姫君はそれがうざくてたまらなかったようです 汗

ちなみに、タクシーで行こうとするとJD40-45ぐらいのようです。


*アカバー死海のホテル群

バスがありません!!!これはショックでした・・・
大きい都市・観光地を結ぶ交通網がちょっと抜けている感じが。
アカバに着いた日にホテルまで連れて行ってくれたタクシーの運転手のおじさんが
「死海までならJD70で連れてくよ!(で、その後に子供がいるからJD5を引くね
と割引してくれた)」と言われて朝早いけど指定の時間に行くことにしました。

旅行会社を通して車を手配することも可能のようです。ホテルにデスクがあって、
パンフレットもあったので見てみたらJD140だって・・・ 汗


*死海からどこかへ


公共の移動手段、ナシ!冗談ではありません。何にもナ・シ!
そしてタクシーもいません。ホテルで呼んでもらわないと来ません。
私たちが死海から空港へ向かうのに手配してもらったタクシーはなんと
アンマンから来ているそうです。

私が止まっていたホリデーインではホテルからバプティズム・サイトに
行くシャトルバスはあったようです。フロントでそう言っていたけど
ちょっと違う気が・・・フロントデスクから少し外れたところにある
タクシー・レンタカーデスクに死海からバプティズムサイトへの料金が
書いてあったので実はそれのことを言っているんじゃないかという気が・・・

ちなみに、死海のホテルから空港まで、ホテルで呼んでもらったタクシーは
JD45でした。

死海の周りにはバプティズムサイトやDead seaパノラマ・コンプレックス
(死海をがーっと眺めることができる所)、モーセ終焉の地、ネボ山等が
あります。いろいろと考えた結果、死海周辺を含めて回りたい時には
タクシーを旅行会社からチャーターしてガイドさんに一日ついていてもらうか
もしくは自分でレンタカーを借りるか。それか、死海で宿泊せずに車で30分
ぐらいのところにあるマダバという街を起点に行くか(タクシーの運転手に
今日一日でいくらとか交渉できると思うんで)。自分で気ままに動きたいのなら
やっぱりレンタカーが一番いいのかなと思いました。

死海周辺にはなかったけど、アカバやぺトラにはタクシーがわんさかいました。
そういえばアブダビもバスよりタクシーがわんさかと。タクシー文化なんですかね。


ヨルダンという国は・・・ 

*英語がよく通じます

英語ができないと観光産業では生き残っていけないみたいですね。だから
覚えざるを得ないのではないでしょうか。
ぺトラではツーリストボードが観光業に着く人に英語を教えてくれたり
するようです。お土産屋にいたベドウィンのお姉ちゃんがそう言っていました。
小さな子でも学校で習っているせいか、ある程度話すことができる子がいたりしました。
特にぺトラ遺跡内にいるベドウィンの子供達はロバに乗って行かない?と
英語でセールストークしてきます。


*人が親切、ものすごくなつっこい。そして子供好き

皆親切です。どこに行っても冷たい視線を投げかけられることはなかったです。
でもアンマンとかだったらどうでしょうね、都会では話が違うかもしれませんが。
そして子供。子連れでレストランに行くとちょっと煙たい視線を向けられる
ことが時々ありますが、この国ではそれはなかったです。それどころかみんな
子供に話しかけてきます。蝶よ花よと称えられ、至れり尽くせりです。
うちの子のようにシャイな子にとってはちょっと厳しいかもしれませんが、
鍛えられたのか最後の方には

「名前は何?」
「・・・・ひめぎみ。」

と小さい声でしたが答えるようになっていました 汗



*客引きがすごい

街中ではタクシー運転手が通りかかる度に「タクシーいらないか?」と
声をかけてきます。いらないといってもここで引き下がりません。
エッ、いらない?じゃあ明日はどうだ?明日はどこ行くんだ?と食いついて
きます。タクシーに乗っても同様、明日はどうするんだ、どこに行くんだ?
アカバに行くならJD45でやってやるぞ。どうだ?考えてよ。悪くない
だろう?どうよ?・・・という会話が延々と続きます。ちょっと辟易。
アカバでのクルーズで会ったイギリス人の老夫婦にこの話をしたら
「いや、まだ最悪を知らないね。エジプトに行ったらこんなもんじゃないよ」
と言われました。タクシーに引っ張り込まれるとかなのかな?

ぺトラ遺跡でもすごいです。歩いていると「ロバ!エドディルまでJD**で
連れてくよ!」「エルハズネまでJD10でどう?」「シーク出口まで
JD30だよ、お得ー!」とかもうしつこいです。いらないと言って歩き
出してもついてくる輩も・・・ストーカー???それだけ生活に必死なので
あろうと思うんですけど・・・土産物屋も商魂たくましいです。あの手
この手でやってきます。


気温(洋服の目安) 


私たちが行った時(12月初旬)は


アンマン(空港) 普通に冬。コートが必要。
ぺトラ      昼間はコートなしで大丈夫。夜はコート要
アカバ      昼間は半袖でOK、夜は羽織るものが必要
死海       昼間は半袖でOK、夜は羽織るものが必要


死海は年間を通じて暖かいそうです。海抜-400mにあるから。
死海の水は12月でも大丈夫でした。1月とかはどうなんでしょうね。恐らく
平気なんじゃないかと。


幹線道路

Desert High Way, Kings High Way, Dead Sea High Way


ヨルダンには3つの幹線道路があります。

Desert High Way

文字通り、砂漠ハイウェイ。砂漠というか、乾いた大地の真ん中に道がどーん。


Kings High Way

この道が一番面白いようです。場所によっていろんな表情があり、観光スポットも
あって楽しいそうです。ホテルで空港からぺトラまでの送迎をお願いすることも
できたのですが、デザートハイウェイ経由とキングスハイウェイ経由では値段が
JD20も違っていました。今度はこのキングスハイウェイを通ってみたいなぁ・・・


Dead Sea High Way

文字通り、死海に沿っていくハイウェイです。アカバから死海まで続きます。
すっかり見逃してしまったのですが、死海に差し掛かるころに聖書に出てくる
ロトの洞窟、そしてソドム・ゴモラから逃げる時に振り返ってしまったために
塩の柱に変えられてしまったというロトの妻の塩の柱があります。
イスラエルにも塩の柱があるようで、まぁどっちが本物なのか、果たして
本当にそんなことになったのか。


いやぁ~それにしても本当に楽しかったです。
この国の周りは世界の争い中心地みたいな感じですが、他の国をよそにこの国は
本当に平和でした。また行ける日を楽しみに働きます♪




スポンサーサイト
08:00  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。