09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

こんな世界があったのか

2009.07.16 (Thu)


5月からず~~~っと書こうと思っていた件があったのですが事態の急展開に
より延び延びになっていました。

5月初めに入院した時と5月末からの入院時に目の当たりにした世界です。


私がお世話になった病院はマンチェスターで一番大きなところ。
カレーマイルという1マイルほどカレー屋がずずずんと建つ通りに近く、アジア系の患者も
多いところです。


まず最初の入院で隣のベッドにいた子、パキスタン人の子でした。
旦那さんも時々来ていたのですがなかなか図々しい+食事のマナーが悪い輩で
私は眉をひそめていました。

図々しいと言ったのには理由が。その旦那さんのごはん時間の行動に唖然・・・

病院での食事は朝はトースト。自分で食事ルームまで行って作らないといけないのです。
昼・晩は時間になったら食事ルームまで自分で取りに。産院だからだと思うのですが食事を
選べます。宗教別の食事も少しあります。
普通の人の食事だと前菜はどれにする、メインはどれにするとか。なおかつデザートまで
ついてきます。これにはビックリした・・・いいのかなぁ、カロリーとかって思ったけどきちんと
頂きました 汗

とある夕方、晩御飯の時間になったので取りに行きました。
行くとすでに行列が。皆早い!その中にお隣さんとその旦那さんが並んでいました。
おお、一緒に来てトレーを持っていってあげるんだね、優しいなぁと思っていたら、なんと



自分の分を取りに来てました  ( ̄口 ̄;)



食事のおばちゃんに「アナタは病人じゃないからアナタの分はないのよっ。もし余ったら
あげるから後でまた来な!」って言われてました。
すっげぇ~図々しい~!入院している人達を差し置いて健常な自分の為の食事(しかも
食べる権利ないのに)を取ろうってか!

その後自分で何かを買ってきたのか隣から食べる音が聞こえてきたのですが、音たて
まくり~! ぞぞ~っ・・・

変な男だ・・・教養が全くない。まぁ、世の中いろんな人がいるしね、と思いました。

その数日後、お隣さんは退院できる状態になった模様で看護婦さんから「明日出れる
わよ」と言われていました。(カーテンでしか区切られていないから丸聞こえなのです)
そして「ソーシャル・ワーカーが来るからちょっと待っててね」と付け加えていました。

ソーシャル・ワーカーとは福祉士とでも言うのかしら、家庭に問題があったりした時に
連絡すると助けてくれる人たちです。

ソーシャル・ワーカーが来て再び話が聞こえてきました。
なんと、例の図々しい旦那は家庭内暴力夫だったそうです。
旦那には何も言わず退院し、暫くヨークシャーにいる弟のところに身を寄せると言って
いました。ソーシャルワーカーも相当心配そうで弟のところに着いたら必ず連絡して!
と言っていました。

その後その子と少し話をしたのですが万が一旦那さんが来ても「私は何も知らないって
言っておくよ」と言っておきました。恐らくその旦那はその前に病棟侵入禁止になって
いたと思いますが。(病棟に入るにはインターホーンでナースと話しロックを解除して
もらわないといけないのです。子供が誘拐されないように)

パキスタン系の場合、文化からか男性が断然強く女性はあまり強く出れないようです。
旦那や家族(目上の人)にやりこめられてなかなか助けを求められないこともある
らしく、こちらでは時々ニュースになっています。英語ができないと更に助けを求める
のが難しくなり、ますます大変なようです。その子もイギリスにきてまだ1年足らずで
英語をあまりわかっていない様子でした。

彼女は翌日颯爽と退院していきました。何とか無事にやっているといいですな。


その後、彼女がいたベッドに入ってきた子もまた問題があるようでソーシャルワーカーが
来ていました。その子の場合は事態はそれほど深刻ではないようでした。
何か・・・問題を抱えている人が多いなぁ。


5月末の出産の為の入院時、同室に英語がカタコトのルーマニア人の女の子がいました。
この子が退院した日の午前中「ねぇ、おむつくれる?」と言ってきました。ああ、切れ
ちゃったのねぇーと、とりあえず一枚あげました。

数分後、ミッドワイフが来た時に「すいません、オムツくれませんか?」ってお願いして
いました。・・・アレ?ついさっき私からもらったよねぇ?

むむむむ・・・。

退院手続きにミッドワイフが来ていた時、彼女の家族も揃ってきて話を聞いていたの
ですが、お母さん(英語はなせない)がすごかった。食べたりんごの芯はそのまま
床に落としていくし(しかも私のベッドの領域にだよ・・・)、極めつけはミッドワイフに
「病院にある出来合いのミルクをもらえないか、家に持って帰りたい」との要求。

ミッドワイフになぜ?と聞かれて全員揃って普通に「家にないから」と答えていました・・ 
唖然
ミッドワイフは固まって絶句していました。自分で買うという選択肢はないんでしょうか?

いい子だと思っていたのにちょっと残念でした。


上のパキスタン人の子とルーマニア人の子、それぞれ事情は違うけど共通しているのは
英語がカタコトであまりわかっている気配なし。英語がわからなくてもへ~ぜんとして
いました。他の人の話がわからず、その人達を超~苛立てせているにもかかわらず
へーぜんとしていました。これはこれでどうなのかしら。永住権を取るのに英語の
レベルがある程度ないとダメ、っていうのはこういうところから来ているんだろうなぁ。


スポンサーサイト
13:10  |  United Kingdom  |  Comment(2)

Comment

こういう事から「日本人は礼儀正しい」といわれるんだろうねv-219
最近は日本人でも非常識な人増えたけど、このイメージ?が続いていく事を祈るねぇ。
じゃあ |  2009.07.16(木) 15:37 | URL |  【編集】

そうだね

>じゃあさん

そうだね~。まだまだ礼儀正しいほうだね、私たち??
英語がわからないの怖くないのかな~って私はフシギだったわ。特に体にかかわることがわからなかったら不安にならないの?って。もし私が彼女の状態だったら必死に辞書引いて理解しようとするけどなー。この点では日本人にはこのぐらいの度胸があったほうがいいんじゃないか?って思った。
Yummy |  2009.07.16(木) 20:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。